プロポリスとハチミツの違いは?

プロポリスとハチミツは全く違うものです。

まずハチミツはミツバチが運んでくれた花の蜜の事で、プロポリスはミツバチが自分の巣を細菌や侵入物から守るために樹液などと、唾液などの分泌液と混ぜて作り出された物質です。

プロポリスとは?

プロポリスとはハチミツが自分の巣を守るために、巣の出入り口に樹液や花粉などと分泌液を混ぜ作り出されたものです。細菌や侵入物から巣を守るために作られ、粘着性の高い物質が特徴の物質です。

とても強い抗菌作用、殺菌作用、更には抗炎症作用があるといわれていて、プロポリスは『天然の抗生物質』ともいわれております。

そのプロポリスの成分は、人間にとっても理想的な免疫活性物質だといわれていて、今とても注目されていて、最近では多くのプロポリス商品が販売されていますが、比較的お値段は高めだと思います。

そしてプロポリスに含まれる『パロチン』というホルモン物質があるのですが、別名唾液ホルモンともいわれていて、蜂だけでなく人間の唾液にも含まれています。

このパチロンというのは、細胞に栄養を届ける手助けをしてくれますし、髪の毛のツヤ、胃腸不良、口臭などがきになる方はこのパロチンが不足していることが原因だといわれています。

更に粘膜強化効果も期待でき、女性に多くみられる骨粗鬆症にも効果が期待できるといわれております。ですが比較的刺激が強く原液というよりは、お水で薄めて飲んだり、サプリメントになっていたり、苦味を感じる方も多く、飲みづらいという点があります。

ですが工夫次第で問題なく摂取でき、ヨーグルトやハチミツと摂取すれば問題なく摂取可能ですので、オススメです。

ハチミツとは?

ハチミツはミツバチが花の蜜を集めて巣の中に持ち帰り、蓄えられたもので自然の蜜の中では『最も甘い』といわれています。

そしてハチミツは主に水分2割、糖分8割の割合だというふうにいわれていて、わずかにビタミンやミネラルを含んでいます。そんなハチミツも、たくさんの種類がありますが採取した植物により、味や色、そして値段も異なります。

ですがお値段は比較的リーズナブルなものも多いです。細菌から水分を奪い、増殖を抑える効果や、ハチミツに含まれるビタミンが、肌の新陳代謝を高め、血行を良くするなどの効果ももたらしてくれます。

ハチミツは、腸内のビフィズス菌を増やす効果や二日酔いにも効果的だといわれていますし、最近ではハチミツを使ったお化粧品やスキンケア用品がたくさん販売されています。

ハチミツは人が初めて使用した甘味料といわれていることから昔から人間に親しまれていたことがわかりますし、食べられるぶん安全性も高いので安心です。多少のハチミツのクセはありますが、苦手な方以外は好きな方も多いと思います。

食べやすく何にでも合い、料理の甘味料として使うこともできますし、もちろんそのまま舐めてもトーストに塗ってもOKです。冬は暖かいミルクにハチミツを溶かして飲んだりすれば体が温まりリラックスして眠れますよ。

はちみつとプロポリスの違い

プロポリスはハチミツと比べ、殺菌抗菌作用が高く、花の蜜というよりはミツバチの分泌液と樹液などの混ざった物質です。

そしてハチミツと比べて刺激物ですので、そのままの摂取というよりは何かに混ぜたりキャンディーやサプリメントで補う形がほとんどです。更にハチミツに比べて比較的価格の方も高めなのが特徴です。

ハチミツはプロポリスに比べ、比較的価格もわりとリーズナブルな物も多く出回っていて、癖も無く、刺激物でもないのでそのままでも食べられます。

そして中にはハチミツが苦手な方がいらっしゃると思いますが、そんな方でも甘味料としてお料理や飲み物に入れることも出来ます。

お砂糖より体にも良いですので、ハチミツの味が苦手な方にはオススメです。 ハチミツにも殺菌抗菌作用がもちろんありますが、普通のハチミツに比べてプロポリスはその効果が高いです。

まとめ

プロポリスとハチミツの違いは、成分や効果だけではなく、味や色や価格、それから食べやすさの違いもあります。食べ方も大元の原料も違いますから是非細かい所まで比較してみて下さいね。

そして1歳未満のお子様、アレルギーのある方は危険なので摂取しないようにしましょう。

【参考URL】
はちみつとの違いとは?
http://thebeeeater.com/hatimitu.html